SUGAR and SPICE
婚礼司会

現役フリーアナウンサーが教える!婚礼司会の極意【入門編】

初めまして!
婚礼(結婚式)司会者をしています管理人のSUGARです。

地方局でのアナウンサー経験を活かし、現在は主に婚礼(結婚式)の司会者として活動をしています。

婚礼司会は新郎新婦さまの人生の大切なワンシーンをサポートする、やりがいのある職業

無事にご披露宴を収めたあとは、なんとも言えない充実感でいっぱいになります!

今回はそんな素敵な「結婚式司会者」のお仕事について知っていただきたいと思い、

「結婚式の司会者ってどんなことをするの?」
「司会者を目指しているんだけど、どうすればなれるの?」
「どんな人が司会者に向いているの?」

といったギモンを婚礼司会の極意【入門編】としてご紹介していきます!

結婚式の司会者って、どんなお仕事?

結婚指輪

結婚式の司会者は、
新郎新婦さまと打ち合わせを行い「どんな披露宴にしたいのか」をしっかりとヒアリングして、実現させるお仕事です

披露宴の前に行われる人前式(ゲストのみなさまへ結婚の意思を誓い、証人になってもらう挙式)の司会も行う場合もあります。

結婚式の司会者には、どうしたらなれる?

?マーク

結婚式や式典・イベントなどの司会者になるのに、特別な資格は必要ありません

極端な話「司会者です!」と名乗ってしまえば、その瞬間からあなたは司会者になれます。

ただ、スムーズな司会進行をしたり、場面に応じたコメントをするためには様々なスキルが必要になります。

また、結婚式は新郎新婦さまにとって人生のビッグイベント。

お2人の大事な思い出づくりのサポートをするわけですから、婚礼の司会をすることは責任重大であり、とてもやりがいのあるお仕事なのです。

司会者に必要なスキルとは?

スキル

司会者に必要なスキルは主に4つあります。

アナウンス能力

適切な声の大きさを持ち合わせており、滑舌などの基本的な発声ができるか

私がこれまで行った練習は…
口の形を意識しながら「あいうえお」の表を声に出してみる。

自分の苦手な行(私の場合は「さ行」)を重点的に練習。

また、新聞やネットニュースの記事を声に出して読んでみたり(発声練習+最新ニュースの知識が増えるので一石二鳥!)

自分がお手本としたい or 好きなアナウンサーの出演番組を録画して声のトーンや間のとり方、コメントを真似してみる、など様々な自主練をしました。

自分の練習を録音して聞いてみることも大切。苦手な発音が客観的に判断できますよ!

取材力

新郎新婦さまのプロフィール紹介文作成は司会者の仕事の1つ。

打ち合わせの限られた時間内でお2人の経歴や馴れ初めなどを取材し、分かりやすい文章にまとめる力が必要です。

対応力

結婚式にはハプニングがつきもの。

瞬時に状況を判断し、アドリブで場をつなぐ力が求められます。

たとえば、私が担当したケースでは…
【余興で新郎さまがトランペットの演奏をしようとしたものの緊張で力が入りすぎ、うまく音が出ない!】というハプニングが発生!

→新郎さまが緊張&慌てていらっしゃったので「これはリハーサルです!

こんな感じで演奏していただきますよ♪」と、あえて(強引に?)「今のは、あくまでも練習です!」という雰囲気を出して乗り切りました。

(正直私もかなり焦りましたが、その後新郎さまは落ち着きを取り戻され、無事に演奏できました!)

コミュニケーション能力

新郎新婦さまとの打ち合わせがスムーズにできるか?

また、結婚式は会場スタッフとのチームプレー。

スタッフとコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことが重要です。

私は「アナウンス能力」「取材力」「対応力」「コミュニケーション能力」この4つのスキルを活かしてスムーズな司会進行をするように心がけています。

どんな人が向いているの?

オススメする女性結婚式や式典・イベントの司会に向いているのは、こんな人です。

◆ブライダル業界やマスコミなどに興味がある人

◆人前で話すことが好き or 得意な人

◆営業職・アナウンサー・リポーターなど「人前で話す」お仕事の経験者

ただ、未経験でもあなたの努力次第で司会者として活躍できるチャンスはあります!

結婚式司会者になるための具体的な方法

結婚式会場のテーブル

アナウンサー・リポーター・タレントとして活動経験がある方はスキル・知名度ともに備わっていますので、仕事の幅を広げる一環として結婚式の司会をすればOKです。

正直な話「テレビの人」が目の前に現れて司会をしているというだけで喜ばれるという側面があります。

(ただ、そこに甘んじてはいけないのですが…)

未経験者はどうすれば司会者になれる?

初心者マーク

では「まったくの初心者だけど司会業に興味があるからトライしてみたい!」という方はどうすればいいのかというと…ズバリ、事務所に入ることをオススメします。

婚礼司会は独特のフォーマットや、やり方があります。

また、普段の会話では登場しないような専門用語もたくさんありますので勉強は必須です!

事務所に所属すると現役の司会者から直接、司会進行のノウハウやコツを教えてもらえたり、発声練習のやり方などをレクチャーしてもらえます。

(私はアナウンサーとして喋りの基礎はあったものの、結婚式の司会の経験がほとんどなく不安だったので、レッスンを受けました。)

そうしたレッスンを重ねて婚礼司会者デビューをするのが良いでしょう。

まずは「婚礼司会者 事務所」などのキーワードでご自身が住んでいるエリアの事務所を検索してみることをオススメします!

また、本屋さんに行くと司会進行に関する本が多数あります。

基本的なノウハウや司会者としての心構えなどが紹介されていますので購入して勉強してみるのもいいかも知れませんね!

あとがき

いかがでしたでしょうか?

今回は、婚礼司会の極意【入門編】として
「婚礼司会者になるには?」や
「司会者として活動するための必要なスキル」などをご紹介しました!

ただ、婚礼司会をするうえで一番大切なのは「結婚式が好き !」
「新郎新婦さまのことをお祝いしたい!」という気持ちです^^

興味がある方は、ぜひ最初の一歩を踏み出してみてくださいね!